2020年8月21日金曜日

2020年8月19日 臨時活動 (第2回 ウリハダカエデ作戦会議)

参加者 6名(会員 3名、県から3名)

 昨年(2019年11月6日)実施しました「ウリハダカエデ植栽試験」(昨年の様子は左の文字をクリックして下さい。)のその後の結果を見て今後の方針を検討する会合を持ちました。

第2回「ウリハダカエデ作戦会議」として下記事項の検討と昨年植栽結果視察。

この植栽に至った経緯をまとめると

 鹿の不嗜好性植物で、鹿の食害が少ないと判断していた。実際に団栗小舎の下では、種が沢山落ちて若木が沢山育っている。また、近くに大木が2本あり、メープルシロップを作りその利用方法も検討していた。                      

 そこに県からの相談で、ウリハダカエデをそのまま育成出来るとの見解があり、実際にそのままで育成できるか昨年(2019年11月)に移植してテストを開始。(そのままの状態と頭にネットを被せる。寄せ植え(3本程度寄せて植える)などの条件を付けて植えた。)

 今回のテーマはやはり何かで保護をしないと育成が無理だろうと判断して、ウリハダカエデのシェルターを考える&植える場所の確保のために集まった。

1)シェルターの種類

 ①割竹まげわっぱ青色テープ巻きシェルター(竹まげわっぱテープ) 5

 ②割竹まげわっぱ青色防風ネットシェルター(竹まげわっぱネット) 5

  (上記2通りは昔の林業(明治31年ごろ)に枝葉を立てて覆う事で防いだ)この方法を利用して竹で覆いブルーのテープを巻き付けるものとネットで覆う物の二通り。)

 ③棒を1本立てて防風ネット網で囲う(わたぼうし) 5本(ゴミの日にカラスに荒らされないように網で覆うように、網を頭に取り付ける)

 ④くわんたい(目の細かいグラスファイバー支柱ネットシェルター) 5

サプリガード(目のあらいプラスチックネット、しっかりした支柱のネットシェルター) 5

 ⑤サプリガード(目のあらいプラスチックネット、しっかりした支柱のネットシェルター) 5

 ⑥何もしないでそのまま植える(無処理)

2)今後の進め方

 ①苗木の確保(団栗小屋のすぐ下に平成30年度に植樹した柵に中に沢山生えているものを利用。

 ②シェルターの確保(くわ⑥たい、カラス避けネット:県の補助金。竹の確保:竹を切り出して加工して持って上がる。)

 ③植樹地(植栽地B地区の空き場所を利用)


 ④植栽時期(12月頃)

資料に基づき県から説明を受ける

③の防御策で、棒を1本立てて防風ネット網で囲う(わたぼうし)です。

ネットを外すと中には葉っぱが茂り、効果ありと判断しました。

①の割竹まげわっぱ青色テープ巻きをどんな感じか作りました。(画像はピンクのテープですが実際にするのはブルーになります。)

ウリハダカエデの植樹予定の苗木の調査。沢山育っています。




0 件のコメント:

コメントを投稿

2020年9月20日 例会活動報告

 参加者 16名 (1班11名。2班5名)  今日は2班に分かれて午前中活動を実施しました。  1班(団栗小舎で薪割りと薪の括り。B地区の鹿ネット内の草刈り)  2班(虫生川からコナラの伐採木運搬) 乾燥した薪を束ねて発送置き場に移動です。 薪割り機トラブル。木片が挟まり奢可無く...