2020年7月25日土曜日

今月の樹木 2020年7月(エビガライチゴ)

菅さん提供


エビガライチゴ(海老殻苺 落葉低木 バラ科)

花期56月 果期78

 エビガライチゴは真夏に赤い実をつける木苺の仲間です。萼にはチクチク痛そうな赤っぽい腺毛が密生しています。実際には痛くはないのですが、それでもこの美味しい実を口に入れたくて一つ摘まんでみようと手を伸ばす時にはつい用心してしまいます。

 初夏に咲く花は、蕾が開いて淡い紅紫色の花びらがのぞいていても先はすぼまったままで日数が経過し、やがて平開することなく散ってしまうその姿は、クサイチゴやナガバモミジイチゴなどの花とはかなり異なります。この花の形はナワシロイチゴとそっくりですが、ナワシロイチゴのような上品さは全く感じられません。毛むくじゃらな花を見ればそれも当然でしょう。

 エビガライチゴの名は花の部分だけではなく、全体に赤紫色の腺毛が密生している様子を海老の殻に見立てたもの
のようですが、海老と言うより毛蟹の方が似つかわしい気もします。
 腺毛の陰に隠れて見落としてしまいそうですが、バラ科の苺だけに棘も備わっています。腺毛は(しゅ)によっては植物
を食べにやってくる害虫を防ぐ機能を持つとされていますが、エビガライチゴはこの腺毛と棘により外敵対策は万全
なようです。
 ここで疑問なのは、訪花昆虫にとっては花の周りの腺毛が脅威になるのではないかと言うこと。腺毛を気にせずに
受粉を手助けしてくれる昆虫がいると思われますが、開かない花に何か虫を呼び寄せる秘密が隠されているのかもし
れません。

 受粉後の花は花びらを落とした後に萼が閉じて中の実を保護し、果実が熟してくると再び萼が開くという特徴はナ
ワシロイチゴと同様です。異なるのは萼の腺毛の有り無しで、腺毛の先端からは粘着性のある液体が出ていて小さい
虫なら絡まって動けなくなってしまいます。受粉を手助けしてもらう時だけ都合よく虫を利用するとは、エビガライ
チゴも虫が良すぎますよね。

 海老殻を煮込めばコクのある美味しいスープが取れますが、この苺をホワイトリカーに付け込めばフルーティな香
りが楽しめる赤い果実酒になるといいます。まとまった量が手に入れば果実酒に仕込んでじっくりと味わってみたい
苺です。







2020年7月22日水曜日

2020年7月19日(日) 活動報告


参加者 15名

 長らく豪雨が続き山も土砂が流失して、相当荒れていると思われます。まずは散策道を点検する。

 植樹地のC地区は1年前(2019年3月17日)に植樹した地であり植栽木が十分成長していないので、下刈りを実施。

 薪の端材の小割(スエーデントーチように焚き付けとして使う)

 ヒノキの切り出し(ヒノキを倒してあるので、玉切りして山から下ろし、トーチ用に40㎝に玉切りする。

 散策道を見て歩きました。サクラの枝が折れてかかり木になっている。コナラの大木が立ち枯れている。(ナラ枯れになったのか?)
 土砂の流出は相当ひどい。桜谷の中腹から出会いの妙桜まで深く掘れて、階段の横木が流されたのもあった。出会いの妙桜のデッキは石で埋まっていた。

桜の上部の枝が折れ途中で引っかかている。危険なので引きずりおろした。

BBQセンターから下りネムノキの近く。コナラが立ち枯れている。昨年ナラ枯れになったのか。(伐採しないと危険な状態)

 桜谷の中間部は、土石流となって流れ深い溝が出来ている。

階段の横木の下は土が流され、浮いた状態だ。

 出会いの妙桜のデッキの上は土砂が押し寄せその後、石だけが残ったようだ。

出合いの妙桜の下。前回土留めしたが、さらに土砂が流され根がむき出しになっている。

C地区は昨年植樹したところで、苗木は充分育っていないので植栽木の周りの草を刈り取った。(坪刈り)(赤の矢印を付けているところが、クヌギの苗木です)

桧木の伐採木を運び40㎝に玉切り。(スエーデントーチ作成用)

毒性はハブよりも強いと言われるマムシ。カブトムシの幼虫を孵らせるためにホダ木を貯めて囲ってあるところで発見。捕まえて(ボトルの中へ)。一安心です。




2020年7月8日水曜日

2020年7月05日(日) 例会 活動報告

 梅雨の期間は仕事になりません。梅雨が明けると一気に雑草が伸びていると思います。梅雨明けの下刈りにはダニ対策を十分気を付ける様薬剤も購入予定です。

参加者 13名

イブキジャコウソウ?の確認。ほふくが見られませんでした。

薪割りも材は全部割っていしまい切れ端の端材を点け木用に細かく割り提供する予定です。

薪の乾燥小屋(第3)の縄張りをして、周りの枝も切りました。単管を立てて上に波板を張るだけなので、水糸は張らなくて大丈夫と思います。(その材を集めるだけで15万程度はかかるも込みです。)

乾燥小屋の建設予定図

モリアオガエル&ウリハダカエデを確認しました。モリアオガエルのオタマジャクシは元気に泳いでいました。ウリハダカエデの上の部分は鹿に食べれれた居ましたが、根元から出た葉は見逃してもらったのか、葉を展開しています。

2020年7月2日木曜日

2020年7月01日(水) 例会 活動報告

 梅雨のど真ん中ですが、幸いに今日は降っていません👍

参加者 12名

 今日は団栗小舎(基地)へ向かうめえにイブキジャコウソウの生えているところを確認して、下側C地区の植樹地のネットを確認して向かう事にしました。

山上駅の玄関に大きな器にアジサイを浮かべて飾っていました。涼しそうで良かったです。

イロハ坂では左斜面のクマノミズキの花が満開です。(斜面のジキタリス(外来植物は駆除して今は見受けられません)

桜谷では、強風のためか枝が引き裂かれたように折れていましたので、会員がノコで切り落とし応急処置をしました。次回にはトップジンペーストを塗布したいと思います。

C地区(植樹地)の鹿避けネットに小鹿が絡み死んでいました。ネットとも切り取り、処分しました。

 今日の作業は丸太の残り(端材)を細かく割りこれで、運び込んだ丸太の処分は終わりです。
 わっら薪を乾燥させるため、薪乾燥小屋の増築が必要となり、まずは建てる場所の確保をしました。(第2シイタケ小屋を取り壊し、薪の乾燥小屋に立て替える。)
 この作業の手始めに今日は、ホダ木を全部運び出し単管を取り除き下地も均した。
 単管 4m 2本、3m12本、2.8m 1本、2.5m 1本m、2m14本、1m 2本
 クランプ 固定 20個、 自在 16個

撤去が済み更地に孵りました。
撤去された単管

モリアオガエル(日本の以下の都道府県で、レッドリストの指定を受けている。)
(前回の例会では産卵した卵が池に落ちており、オタマジャクシは確認できませんでしたが、今日ははっきり確認できました。モリアオガエルになるのは、7月20日頃ですから例会は7月19日(日)で確認出来ると思います。)
  • 絶滅寸前(絶滅危惧種I類) -奈良県
  • 絶滅危惧II類(VU) -千葉県、兵庫県、岡山県
  • 準絶滅危惧 - 山形県、新潟県、栃木県、群馬県、長野県、静岡県、愛知県、大阪府、和歌山県、島根県、山口県


これからの活動についての注意事項

 これからマダニの活動シーズンです。

 ダニは大きく分けて2タイプあります。屋外に生息し、動物や人に寄生して大量の血を吸うマダニ類と、家の中にいてアレルギーの原因になるコダニ類です。この二つ、対処の仕方は全く違います。

「マダニは皮膚の軟らかい部分を探して寄生吸着し、1週間ほど血を吸い続ける。その間に唾液を介して病原体が入れば、病気に感染して死に至ることもある」。

 今年新たに確認された重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスも、マダニが媒介したとみられます。高熱に加え、嘔吐(おうと)や下痢の症状もあるといいます。抗生物質が効かず、現時点では輸血などの対症療法しかありません。

 マダニは屋外ならどこにでもいると思って下さい。

  ちょっとした草やぶも要注意!!!

----------------------------------------------------------
★ 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の予防方法 ★
----------------------------------------------------------
SFTSの予防としては、マダニに咬まれないようにすることが最も重要です。マダニは森林や野山、裏庭、畑、あぜ道などに生息していますので、野外活動時には以下の対策を心がけましょう。

●身を守る服装にする!
服の上からは咬まれないため、野外では腕・足・首などの露出を少なくしましょう。
・首にはタオルを巻くかハイネックのシャツを着用する。
・シャツの袖口は軍手や手袋の中に入れる。
・シャツの裾はズボンの中に入れる。
・ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる。

●野外活動時の上着や作業着は屋内に持ち込まない!ガムテープ等を使用し、服についたダニを取り除く方法もお勧めです。

●虫除け剤を利用する!
日本では衣服に塗布して利用するツツガムシの虫除け剤が市販されています。マダニを完全に防ぐわけではありませんが、一定の効果が確認されていますので、その他の予防方法と組み合わせて対策をしましょう。

吸血前のマダニ※血を吸い終わったマダニ  

吸血前のマダニ  ※吸血後のマダニ

服の上からサラテクト 200mL

虫よけ成分と紫外線吸収剤をW配合。服にスプレーするだけの不快害虫忌避剤。




2020年9月20日 例会活動報告

 参加者 16名 (1班11名。2班5名)  今日は2班に分かれて午前中活動を実施しました。  1班(団栗小舎で薪割りと薪の括り。B地区の鹿ネット内の草刈り)  2班(虫生川からコナラの伐採木運搬) 乾燥した薪を束ねて発送置き場に移動です。 薪割り機トラブル。木片が挟まり奢可無く...