2020年8月23日日曜日

2020年8月 今月の樹木 (ネムノキ)

菅さん提供 


  ネムノキ(合歓木 合歓の木 落葉高木 マメ科)
                                 花期78月 果期10  

白くしなやかな絹糸を何本もまとめ、先端の方から牡丹色に染めたような花を咲かせるネムノキ。
元の方に行くにしたがって染まり具合は次第に淡くなり、最後の方は染まらずに全体を束ねたよう
な形になります。ネムノキを英名でsilk treeと言ったのは実に言い得て妙です。

ちなみに、「この~木なんの木気になる木」でおなじみの日立グループのCMに出てくる木もネム
ノキの仲間で、この木の英名はモンキーポッド(monkeypod)、レインツリー(rain tree)と呼ばれてい
るようです。

先端が広がって扇形に見える花は一つに見えても実際は10個~20個の花が集まったもので、蕾
の状態の時に見れば数の多さがよく分かります。

牡丹色の糸状のものはすべて雄しべで、その中に先端まで白い雌しべが何本かありますが注意深く
観察しないと分かりません。雄しべばかりが目立ち、マメ科の花としては異端の存在の樹木ですが、
実ができてくるとマメ科らしく見えてきます。

日が沈むころになってから開くという花は、甘い香りを漂わせるそうです。香りに引き寄せられて
やって来るのは主に夜に活動する蛾の仲間と言うことですが、雄しべの束に邪魔されずに奥にある蜜
を吸うには、長い口吻を持つ蛾にとっては訳のないことのように思えます。

ネムノキの名の由来は、夜になると葉が合わさって閉じる様子が眠るように見えることからきたよ
うです。なぜこのような運動をするのかはまだ良く分かっていないようですが、この就眠運動は万葉
の昔から身近なものとして歌にも詠まれているようです。

「甘酸っぱい青い果実にやわらかなパウダリー感のある合歓の花の香り」。これは合歓の名称を持つ
ある香水の香りのイメージを表現したものからの引用です。開花する夕方から夜にかけてが一番良い香
りを放ち、朝にはほとんどなくなっているというこの花の香りには、残念ながらいまだに出会えてい
ません。




2020年8月21日金曜日

2020年8月19日 臨時活動 (第2回 ウリハダカエデ作戦会議)

参加者 6名(会員 3名、県から3名)

 昨年(2019年11月6日)実施しました「ウリハダカエデ植栽試験」(昨年の様子は左の文字をクリックして下さい。)のその後の結果を見て今後の方針を検討する会合を持ちました。

第2回「ウリハダカエデ作戦会議」として下記事項の検討と昨年植栽結果視察。

この植栽に至った経緯をまとめると

 鹿の不嗜好性植物で、鹿の食害が少ないと判断していた。実際に団栗小舎の下では、種が沢山落ちて若木が沢山育っている。また、近くに大木が2本あり、メープルシロップを作りその利用方法も検討していた。                      

 そこに県からの相談で、ウリハダカエデをそのまま育成出来るとの見解があり、実際にそのままで育成できるか昨年(2019年11月)に移植してテストを開始。(そのままの状態と頭にネットを被せる。寄せ植え(3本程度寄せて植える)などの条件を付けて植えた。)

 今回のテーマはやはり何かで保護をしないと育成が無理だろうと判断して、ウリハダカエデのシェルターを考える&植える場所の確保のために集まった。

1)シェルターの種類

 ①割竹まげわっぱ青色テープ巻きシェルター(竹まげわっぱテープ) 5

 ②割竹まげわっぱ青色防風ネットシェルター(竹まげわっぱネット) 5

  (上記2通りは昔の林業(明治31年ごろ)に枝葉を立てて覆う事で防いだ)この方法を利用して竹で覆いブルーのテープを巻き付けるものとネットで覆う物の二通り。)

 ③棒を1本立てて防風ネット網で囲う(わたぼうし) 5本(ゴミの日にカラスに荒らされないように網で覆うように、網を頭に取り付ける)

 ④くわんたい(目の細かいグラスファイバー支柱ネットシェルター) 5

サプリガード(目のあらいプラスチックネット、しっかりした支柱のネットシェルター) 5

 ⑤サプリガード(目のあらいプラスチックネット、しっかりした支柱のネットシェルター) 5

 ⑥何もしないでそのまま植える(無処理)

2)今後の進め方

 ①苗木の確保(団栗小屋のすぐ下に平成30年度に植樹した柵に中に沢山生えているものを利用。

 ②シェルターの確保(くわ⑥たい、カラス避けネット:県の補助金。竹の確保:竹を切り出して加工して持って上がる。)

 ③植樹地(植栽地B地区の空き場所を利用)


 ④植栽時期(12月頃)

資料に基づき県から説明を受ける

③の防御策で、棒を1本立てて防風ネット網で囲う(わたぼうし)です。

ネットを外すと中には葉っぱが茂り、効果ありと判断しました。

①の割竹まげわっぱ青色テープ巻きをどんな感じか作りました。(画像はピンクのテープですが実際にするのはブルーになります。)

ウリハダカエデの植樹予定の苗木の調査。沢山育っています。




2020年8月17日月曜日

2020年8月16日 例会活動報告

 参加者 13名

打合せ事項

1)今後の活動について

 担当割の打ち合わせ

  2018年から担当割を決めて実施しようとやってきましたが、中々功を奏していません。これを土台に新たな担当割を作成しましたので、これを基本に実装して行きたいと思います。

 今日の実施事項

  薪の乾燥小屋の建設の続き(横張り、屋根の下請け取り付け、波板張り)

  スウェーデントーチ燃焼テスト&画像収録と火付け用の小割した木

  その他(植樹したナラカシワ下草を刈り取る、モリアオガエルの様子、シイタケのホダ木に水やり等)

殺人的な高温の毎日ホダ木もたまったものでないでしょう。早速水やりをしました。

一番外側の床材(パレット)を敷いています。立てかけているパレットは、雨の進入を抑えるための壁?(風は通し、薪の崩れを止まる)です。

壁材が張られて屋根の波板もついています。

こまごました部分はまだあると思いますが、大方出来上がり。(内部の様子)

細く小割して火付けの補助剤(薪やスウェーデントーチ用)作成。

横穴から着火剤を中心部までねじ込みライターで火を点けるとそのままで、燃焼しました。

ナラガシワを種から育てています。鹿の食害から守るために柱を立ててネットを張っていますので、中々その中の下草(ネザサ)が覆いかぶさり育成を阻害していましたが、やっと刈り取ってもらえました。



  


2020年8月9日日曜日

今月の草本 2020年8月

菅さん提供 


ソクズ(蒴藋 レンプクソウ科)           

                                    花期7月~8

 日当たりが良く適度な湿り気のあるところに生えるソクズはとてもユニークな花を付けます。遠目ではわかりませんが
近づいてみると白い花の間に黄色の物体がいくつも見られます。これは腺体と言われるものの一つで、中には花粉を運ん
でもらう虫を呼ぶための甘い蜜がたっぷりと溜められています。つまり、花自体には蜜腺がなく別の器官で蜜が作られる
わけです。
 この腺体は、はちみつが大好きなくまのプーさんが見つけたなら喜んで持っていきそうなつぼの形をしていますが、指
先でどうにか摘まめるほどの大きさしかありません。
 蜜の味を確かめたくて一つ口に入れてみましたが、青臭さがあるだけで甘さはほとんど感じられませんでした。それで
も小さな虫たちには大変なごちそうのようで、花を観察していると蜂や蝶の仲間が頻繁に訪れ、をつぼの中に差し込ん
で吸蜜している姿を見ることができます。
 中でも蟻はソクズの一番のお客さんのようで、どの花にも大小の蟻が見られます。つぼの縁に脚をかけ、体の半分ほど
がつぼの中に入った小さい蟻の姿を見ると微笑ましくさえ思えます。
 ところが、蟻の行動を見ていると蜜をもらうだけでソクズの受粉には貢献していないようにも見受けられます。桜など
の葉柄や托葉にある蜜腺で蟻を誘引する植物は、その植物に害を与える他の昆虫を蟻が排除することで、蟻と植物が相互
に利益を得ているという研究もありますが、ソクズでも同様の関係があるのかもしれません。
 蜂蜜を発酵させて作るお酒にハニーワインがありますが、ソクズのつぼの中の蜜がたまたま自然発酵して、それに酔っ
た蟻が千鳥足になってあっちへふらふらこっちへふらふらする間に受粉の役割を担っている、と言う話は聞きませんので
そのようなことはあり得ないことでしょうが、つぼの中の蜜をなめている蟻の姿を見ているとついそんな想像をしてしま
います。
 同属で木本のニワトコの若芽は山菜として利用されますが、草ニワトコともいわれるソクズは生薬として使われること
があっても食用にはあまり利用されていないようです。
 秋に熟す実は、ミニトマトをうんと小さくしたような感じの液果でプチプチとした味わいが楽しめそうでジャムにもで
きるとか。一度食してみる価値はありそうですね。





2020年8月6日木曜日

2020年8月 5日(水) 活動報告(例会)

参加者 10名

 今日の活動地は2箇所に分かれて実施しました。

1)妙見の森(7名)
 薪の乾燥小屋建設

薪の乾燥小屋(前回までに単管で枠は組み立ていますので、今日は床パレット敷き、屋根勾配の調整を実施) 
2)知明湖キャンプ場(3名)
 スエーデントーチ作成
 キャンプ場も日曜日の作業はお客さんが多いと平日に切り替えて今日になりました。
 丸太の玉切り(35㎝の長さで)33個を完成させました。
 見本で2本着火テストもしました。

 

 

2020年8月5日水曜日

2020年8月 2日(日) 活動報告

参加者 16名

 今日の作業
 1)スエーデントーチ試作
 2)薪乾燥小屋建設(取り掛かり)

スエーデントーチ
 前回ヒノキを運び込み40㎝に玉切り玉切りまでしていますので、今回は完成させるのみです。しかし、どのようなデザインにするかは何も決まっていません。とにかく思いつくまま作ってみる?事で出来た後使い方がどれがいいかで決定する事にしました。
 その他に火付け用の小割した木を女性軍に作って頂きました。

薪の乾燥小屋
 単管で柱が立ち上がり、次回から屋根を葺く予定です。

縦にチェンソーで切れ目を30㎝入れています。(4つ切り、6つ切り、8つ切りの3種類)

真ん中にドリルで穴をあけ横からも空けています。

着火テスト(しかし材の芯は生乾き?着火するか問題ですが、どうにかつきました。)

火はついていますが、画像では見えません。

この画像では炎の立ち上がっているのが判りますか。

この画像では炎がはっきり確認できます。

炎が立ち上がっているので、やかんでお湯を沸かしました。

こちらのトーチは、チェンソー&ドリルを使わずに作っています。どのように作ったのか考えて下さい?

女性軍に薪の小割をして頂いています。(トーチの火付け用)










2020年9月20日 例会活動報告

 参加者 16名 (1班11名。2班5名)  今日は2班に分かれて午前中活動を実施しました。  1班(団栗小舎で薪割りと薪の括り。B地区の鹿ネット内の草刈り)  2班(虫生川からコナラの伐採木運搬) 乾燥した薪を束ねて発送置き場に移動です。 薪割り機トラブル。木片が挟まり奢可無く...