Translate

2021年5月7日金曜日

川西里山クラブ 活動予定表

リンク

(例会) 毎月第一水・日曜日と第三日曜日の月三回です。
予定表の文字(予定は赤字で。
終了は青字で表示

新型コロナウィルス感染症の予防のために 以下のことをよろしくお願い致します。
(1)参加前に検温をし、平熱であることを確認ください。 
(2)当日はマスクを着用して下さい。
(3)体調のわるい方は出席を控えてください。
(4)昼食時は、換気に配慮し、いわゆる「三密」を避けて下さい。

マダニの活動時期に入りました。
 ダニ対策は「厚生労働省のダニ対策」をご覧ください。

活動予定
下記の宣言が5月31日まで延期されましたので、当クラブの活動も5月末日まで休会としますが、下記の2件は現在活動予定です。
 425日(日曜日)~511日(火曜日)の期間休会とします。
 「新型インフルエンザ等対策特別措置法」実施の為

5月 2日(日)例会 集合 妙見ケーブル黒川駅 8:55 (9:00発のケーブル乗車)
5月 3日(月・祝)臨時 参加者9名
5月 5日(水・祝)例会 集合 妙見ケーブル黒川駅 8:55(9:00発のケーブル乗車)

5月16日(日)総会 集合 妙見ケーブル黒川駅 8:55 (9:00発のケーブル乗車)
5月29日(土)臨時 集合 妙見ケーブル黒川駅 8:55 (9:00発のケーブル乗車)
           (北摂里山大学受入れ)


6月 2日(水)例会 集合 妙見ケーブル黒川駅 9:55 (10:00発のケーブル乗車)
6月 3日(木)臨時 集合 「里山体験学習」多田東小 実施予定(雨天の場合6月10日に変更)
6月 6日(日)例会 集合 妙見ケーブル黒川駅 8:55 (9:00発のケーブル乗車)
6月20日(日)例会 集合 妙見ケーブル黒川駅 8:55 (9:00発のケーブル乗車)
6月25日(金)臨時 集合 妙見ケーブル黒川駅 9:50 (10:00発のケーブル乗車)
           (竹中工務店研修会)




2021年5月6日木曜日

2021年5月3日 臨時 

 参加者 9名(会員8名、一般1名)

活動内容

1)薪割りと薪の束ね

 梅雨入りまでに薪割りを終わらせ、薪乾燥小屋に入れて乾燥しないとなりません。(梅雨入りまでに雨にあてて水乾燥?導管から樹液を流し出す。この樹液を出す事で乾燥が早まる。) 

2)伐採木の整理        

 水琴窟の周辺遊歩道沿いに枯松が5本あります。このまま放置していると何時枯れ枝が落ちて来たり、本体が倒れる可能性が有ります。危険な存在ですから専門の方に伐採をお願いしていましたところ伐採して頂きましたので、伐採木を整理する作業が急がれますので急所参加できる方に集まって頂きました。

3)その他

 色々な確認 ①榾木の金の活着 ②運搬車の荷台部分のドルフレーム本体との取り付け部分が剥がれかけていた部分をハンダ付け完了したので、取り付けに上る。


玉切りした材を順次薪割り機で割って乾燥させます。

薪の乾燥小屋では、乾燥した薪をタガで1束に括っています。
 薪の乾燥小屋の枯松を倒しています。他にB地区の植樹地に2本、D地区の植樹入り口に1本、ブナの大木の奥に1本合計5本あります。


榾木の小口(切り口)にシイタケ菌が回ると白くなります。画像ではそのような感じに映っておりませんが、目視で確認できたと連絡がありました。よって次回16日の活動日には本伏したいと思います。


2021年4月18日日曜日

2021年4月18日(日) 例会

 参加者 12名

 4月も中半になり桜は終わりに近づき花吹雪です。桜も終わりかと思いましたが、なんとウワズミザクラ(個人的には桜の仲間入りはどうかと思います。)が通常5月に入って中半ごろに咲くと思っていましたが、なんと咲いていました。(驚きです!)

 今日は久々の新会員を紹介出来ました。皆さんよろしくお願い致します。

 今日の作業

 植樹するために伐採した木を運び上げて、玉切りして運ぶ作業が当分続くでしょう。出来れば梅雨入りまでに薪にして保存できればと思っていますが・・・、例会のみでは無理の様です。

右の鹿防止ネット横に伐採木を引き上げています。それを運搬車に乗せて団栗小舎まで運びます。クヌギを植樹したところですが元気に新芽を出ているか気になりますね。見てみましょう。


植樹した幼木も新芽を出しています。若い命が芽吹きました。

こちらでも伐採木を引揚げ、玉切りして運搬車で運んでいます。

この画像は運搬車の両側を支える鉄板ですが、過重すぎて長年の使用に耐えきれず鉄板が裂けています。片側2カ所で合計4カ所が裂けており、鉄板の補強をして溶接加工に出します。

薪割り機で割っても割っても次々運び込まれ少しも量は減っていません。

薪割りも進んでいます。しかし、臨時活動でしないと梅雨入りまでに処理が難しそうです。

季節が狂った?4月半ばでウワズミザクラが満開です。(例年より1カ月早そうです。)
この花によく似たイヌザクラもあります。(「出会いの妙桜」の左に有ります。)




2021年4月7日水曜日

2021年4月7日(水) 例会

 参加者 11名

 伐採した丸太はまだまだ残っています。梅雨入りまでに処理が出来ればいいのですが・・・。

 毎回出来る限り頑張って処理をしますが難しいと思われます。5月になれば小学生の「里山体験学習」(実施する事は決まっていますが日程は未定4月12頃発表予定)、里山大学の現場視察(5月29日)などが予定されています。

 次回例会4月18日(日)の進行状況を見て臨時活動を決めたいと思います。

団栗小舎からすぐの歩道の丸太は前回に処分済(歩道の脇左側に引き上げ途中の丸太はまだあります)。


ネットを張った直ぐ脇の歩道に積み上げている丸太を今日玉切りして運びました。

チェンソーのガイドバー不良とガイドバーとソーチェンのかみ合わせ不良で2台故障しています。(ガイドバーとソーチェンを購入するので修理はこれで大丈夫です。)


玉切りした丸太は次々薪割り機で割っていますが、時間が掛かりそうです。


乾燥した薪は束ねて団栗小舎へその後に新規に割った薪が入ってきます。

サクラの状態を見に行きたかったですがその余裕は今日は無かったです。風に花びらが舞っており、そろそろ終わに入ってきたようです。


2021年4月4日日曜日

今月の樹木 2021年4月 クサイチゴ

菅さん提供

クサイチゴ (草苺 落葉低木 バラ科) 

                                      花期4月 果期56月                              

クサイチゴは草と名が付いていてもれっきとした樹木で、棘のある姿を見るといかにもバラ科であることを
思わせます。やや湿った環境の林縁や明るい藪の中などで地下茎を伸ばして群生しているところがよく見られ、
丈は伸びても5060cm止まりのところから草と思われたのかもしれません。

花は俳句では春の季語になっていて、その花は丈に似合わず差し渡しが3cmを超えるような大きさがあり、
白い花が一面に広がる光景は目に映えます。そのようなところから春の季語となったものでしょう。一方の果
実は初夏の季語になっており、真っ赤に熟した果実が緑の中であちらこちらに点在する様子を目にすると、い
くつもある野いちごの中でももっとも野いちごらしいという印象を受けます。

この赤い果実が目に入ると思わず手が伸びて口にしてしまい、後で写真に収めておけばよかったと思うこと
がしばしばで、それほどに野いちごの中では酸味もなく程よい甘さに加えジューシーで風味もよく、黄色い果
実が付くナガバモミジイチゴと並ぶ美味しさで、子供のころに近くの野原に摘みに出かけたのは懐かしい思い
出のひとつです。当時は今のような便利なプラスチックの容器などなく、アルミの弁当箱を携えて摘みに行っ
たものでした。

“野いちご野いちごだよ美味しい実だよ”といちごを摘みながらその当時姉が口ずさんでいた歌を今になっ
て調べてみると、フィンランドの民謡が元になっているようで昔の教科書に載っていたようです。

果実の大きさは1cmほどと花の大きさに比べると小さいもので、さらに内側は中空になっていてあまり食
べごたえはありません。それでも美味しさの誘惑に駆られて藪漕ぎをすることになります。中空になっている
せいか、ちょっと触れるだけで完熟したものはポロンと落ちるので摘むときはそっとつまむようにします。甘
いものには目がない小さい蟻が先客として中に入っていることがままありますので食べる前には要注意です。
このいちごを鍋いちごと呼ぶ地方があるのは、中空になった形が丸い鍋のように見えるところから来ているよ
うです。

余談になりますが、市販されているいちごは花の土台部分の花托(花床とも)が肥大化したもので、クサイ
チゴとは実の造りが異なります。

クサイチゴはジャムにしても美味しく、種のつぶつぶ感が多少口に障るところがあっても、そこは野性味の
一つと言うことでそれほど気になるものではありません。




2021年4月 3日(土) (振替)例会

 参加者 10名

 桜満開の中作業です。

 植樹予定地を伐採して植樹は終えましたが、切り倒した材は処分が済んでいません。当分はこの材の処分にと癒されます。

 道に積んでいる材を今日は整理します。(玉切りして材の運び出し)薪割りと薪の括りです。

丸太を玉切りして運搬車に積み込荷パイプ車庫(この中に大型の薪割り機と運搬車を収納している)へ運び薪割りをします。




こちらでは既に乾燥した薪を束ねています。


 伐採した材を利用するために引き上げて玉切りする作業は、この道の分は済みましたが、鹿ネットの横に引き上げた材。まだ引き揚げずに置いてある材が有ります。梅雨入りまでに処分したいです。
 大分すっきりして、目立ってきたのが枯松の大木です。これも危険な箇所から随時処分が必要です。

サクラの写真は先に掲載しましたが、イロハモミジの蕾をとりましたので掲載します。それとトロッコ。






2021年3月28日日曜日

2021年3月27日(土) 例会 

 参加者 12名

 連続で日程が入れ替わっての実施です。(28日(日)の予定が雨の為1日早めました。)

 クヌギの植樹の無事に済んで残すは、今日のシイタケの菌打ち作業です。後は梅雨入り前までに伐採した丸太を引き上げて、薪用に割って乾燥小屋に収納しなくてはなりません。

 実施内容

 榾木作り70本出来上がりました。薪づくりも玉切りをして薪割り機で大分割ったようです。また、乾燥した薪を束ねて頂きました。

 薪づくり:玉切り、丸太割り、乾燥小屋へ収納と乾燥薪の束ね 

 能勢電さんからバードコールを頼まれており急遽作成して10組作り前回の例会に納品しましたが、早速展示ケースに入っていました。

 

全体の作業風景(手前左:薪割り。中央の奥でシイタケの菌打ち。右側のテント内で大型の薪割り機で大径木を割っています。



中央奥にはシイタケ小屋が有り、その横でシイタケ菌を打っています。


打ってホダ木に成った分は積み重ねて暫く寝かせ菌が早く回るようにします。菌が全体的に回った時点で本伏に入ります。

乾燥小屋では薪の束ねをしています。(乾燥小屋は順番に1~3まであります。)



 帰りに桜谷の様子を見に行きました。桜の開花状況もさることながら、「出会いの妙桜」の根本付近を埋め戻し工事を実施しましたので、その状況も気になります。
 水は低きに流れやはり、地面は抉られて元の木阿弥にならないか気がかりです。早めの次の対策をしないとなりません。(草シートのようなもので被う?見た目が悪い。いろいろ考えながら歩いた結果少し大きな石で土留めの様にしてその後ろへ小石を並べるようにすれば水の流れる勢いが吸収され、土砂の流出が防げると判断しましたまた、見た目も良い感じで良いと思われます。)

「出会いの妙桜」

ケーブル山上駅のショーケースにバードコール(私たちの作った)が並べられました。


2021年3月23日火曜日

2021年3月22日(月) 例会

 参加者 9名

 通常でしたら前日の21日(日)が例会でしたが、その日は雨天の為急遽日程変更をして実施しました。(クヌギの苗木を植えるべく苗木余用意して置いてあるため早く植え付けたいと実施しました。)

 実施内容

 クヌギの苗木90本を予定数81本を植樹しました。(残りの9本は補植用に回します。)

 ケーブルの運行も20日から始まりお土産用に能勢電さんからバードコールを頼まれており急遽作成して10組作りました。

ケーブルに乗る前に桜の開花状況はどうかと見ました。ケーブル下ではちらほら咲いていますが、黄色の丸のさくらくれない(エドヒガンでこの周辺で最もピンク色が濃い桜)は未だに色付きも無いようです。


全員で植樹にかかりました。何時もであればイベントとして開催し、一種のまつりを呈しますが、この時期そのように出来ませんので会員のみで植樹しました。

団栗小舎から植栽地を見るとまるごと見えます。(約25m四方を網で囲っています。)

桜の開花時期を迎え「出会いの妙桜」が既に開花したと聞いており気にかかります。早速見に行きますが、それ以上に気にかかるのが先の大雨で根元が抉られその補修をやっと11日に修復を確認しましたが先日の雨で、どのようになった間も気にかかります。
遠くからデッキを見ると黒く土砂がデッキに上っているようでしたが、ごく薄く色が付いた程度でした。

根本付近も抉られた様子もなく無事なようです。

肝心の開花状況はご覧の通りちらほらと咲いているようでピンプに染まっています。

一枝を大写しにしました。咲きかけています。


桜谷を降りる手前に野鳥の看板が立てられていました。

馬酔木(あせび)もそろそろ終わりの様です。


川西里山クラブ 活動予定表

リンク お問い合わせ 川西里山クラブHPへ   能勢電ケーブル時刻表 兵庫県森林ボランティア連絡協議会 (例会) 毎月第一水・日曜日と第三日曜日の月三回です。 予定表の文字 (予定は赤字で。 終了は青字で表示 新型コロナウィルス感染症の予防のために 以下のこと...