Translate

2021年3月28日日曜日

2021年3月27日(土) 例会 

 参加者 12名

 連続で日程が入れ替わっての実施です。(28日(日)の予定が雨の為1日早めました。)

 クヌギの植樹の無事に済んで残すは、今日のシイタケの菌打ち作業です。後は梅雨入り前までに伐採した丸太を引き上げて、薪用に割って乾燥小屋に収納しなくてはなりません。

 実施内容

 榾木作り70本出来上がりました。薪づくりも玉切りをして薪割り機で大分割ったようです。また、乾燥した薪を束ねて頂きました。

 薪づくり:玉切り、丸太割り、乾燥小屋へ収納と乾燥薪の束ね 

 能勢電さんからバードコールを頼まれており急遽作成して10組作り前回の例会に納品しましたが、早速展示ケースに入っていました。

 

全体の作業風景(手前左:薪割り。中央の奥でシイタケの菌打ち。右側のテント内で大型の薪割り機で大径木を割っています。



中央奥にはシイタケ小屋が有り、その横でシイタケ菌を打っています。


打ってホダ木に成った分は積み重ねて暫く寝かせ菌が早く回るようにします。菌が全体的に回った時点で本伏に入ります。

乾燥小屋では薪の束ねをしています。(乾燥小屋は順番に1~3まであります。)



 帰りに桜谷の様子を見に行きました。桜の開花状況もさることながら、「出会いの妙桜」の根本付近を埋め戻し工事を実施しましたので、その状況も気になります。
 水は低きに流れやはり、地面は抉られて元の木阿弥にならないか気がかりです。早めの次の対策をしないとなりません。(草シートのようなもので被う?見た目が悪い。いろいろ考えながら歩いた結果少し大きな石で土留めの様にしてその後ろへ小石を並べるようにすれば水の流れる勢いが吸収され、土砂の流出が防げると判断しましたまた、見た目も良い感じで良いと思われます。)

「出会いの妙桜」

ケーブル山上駅のショーケースにバードコール(私たちの作った)が並べられました。


0 件のコメント:

コメントを投稿

2021年4月7日(水) 例会

 参加者 11名  伐採した丸太はまだまだ残っています。梅雨入りまでに処理が出来ればいいのですが・・・。  毎回出来る限り頑張って処理をしますが難しいと思われます。5月になれば小学生の「里山体験学習」(実施する事は決まっていますが日程は未定4月12頃発表予定)、里山大学の現場視察...